【アメトーク】iphone使いこなせてない芸人で便利技を紹介

スポンサーリンク
728×90

11月20日の日曜もアメトーークは、『iPhone使いこなせてない芸人』です。iPhoneの便利機能をたくさん紹介されていたのでまとめていました。

ちなみに私はスマホ歴2年程度で、アンドロイドなので全くiPhoneの機能が分かりません・・・。

紹介してくれるのはサバンナの高橋茂雄さんとかじがや卓哉さんです。私がかじがやさんという方を知らなかったので、ちょっと調べてみました。

かじがや卓哉さんてどんな人?

かじがや卓哉.JPG

出典:https://wikimatome.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%98%E3%81%8C%E3%82%84%E5%8D%93%E5%93%89

1982年10月8日生まれで、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のピン芸人さん。Apple製品に精通していて、業界の人から頼りにされているそうです。税理士の資格まで持っている頭のいい人だそう。

最近、アメトークを観ていなかったけど、この人テレビでネタやってるのかな?

これまでの『iPhone使いこなせてない芸人』も評判が良くて、神回と言われているそうです。





防水機能

iPhone7はシャワーOKの防水機能があります。でも、博多華丸さんのカバーが革製だったので意味ないよ、と怒られていました。

メッセージに自動で花火

iPhone同士の『iMessage』というアプリに、『あけましておめでとう』とメッセージを打っただけで、自動に花火が出てきます。メッセージが青色になっていたらこの機能が使えます。iOS10にさえすれば使えます。

この花火は他のメッセージでも追加することが出来ます。その方法はこちら→『アメトークでの花火だけじゃない!imessageのエフェクト

iOSとは?アップデートの注意点は?

iOSとはiPhoneの頭脳のこと。バージョンをアップデートすることで、機種変更しなくても新しい機能が使えるようになります。

自分のiOSのバージョンは、『設定』→『一般』→『情報』→『バージョン』を見れば分かります。ゲストの井森美幸さんは2年前で止まっていました・・・。

アップデートするには、WiFiにしてから『設定』→『一般』→『ソフトウェアアップデート』→『ダウンロードとインストール』で、後は指示に従えばできます。

指原さんはアップデート中に時間がかかりすぎて途中でやめてしまったら、使えなくなってしまったそうです。WiFi環境を整えてからアップデートしましょう。





iMessageのオモシロ新機能

送りたいメッセージの横にある『↑』ボタンを長押しすると、『エフェクトをつけて送信』というページが出てきます。

ここで『ラウド』を選択するとメッセージがユラユラ動いて、『見えないインク』を選択するとメッセージがモザイクみたいに見えなくなるので、指でスライドすると読めるようになります。

井森さんは「あぶり出しみたい」と言っていて笑われていましたが、私もちょっと思いました・・・。

マップでスカイツリーの航空写真を3D表示させる方法

まず、『マップ』というアプリを開きます。検索まどに『スカイツリー』と入力して、検索ボタンを押します。すると、周辺地図が出てきます。

次に右上もしくは右下にある『インフォメーションボタン』を押すと、マップの設定が出てくるので、『航空写真』ボタンを押して上の画像をタッチした後に2本指で下にスライドすることで3D表示が出来ます。

ちなみに、google earthでも同じように3D表示が出来ました。

今日どれだけ階段を上がったかを調べる方法

この機能はiPhone6からになります。『ヘルスケア』というアプリの中に『今日』というボタンがあるので、ここに階段の段数が表示されます。これは高度計が内蔵されているから、勝手に計測してくれているんです。

コンパスの便利機能

『コンパス』というアプリは右のページにスライドすると傾きを測ることが出来ます。恵方巻のためだけの機能じゃないですよ。





文字入力の際に勝手に変換されて戻れない

ひらがな入力している間に勝手に『地球儀』ボタンを押してしまっていて、ローマ字入力や他の絵文字なんかになっていることが。

そんな時は『地球儀』ボタンをひたすら押して元に戻るのを待つ人が多いですが、長押しすると入力方法を選択できるので、一発でひらがな入力に戻ることが出来ます。

意外と知らないメール機能

メールの文章入力の間に他のページが見たい時、一時保存してからページを移動しちゃいますが、上の『新規メッセージ』という所を下にスライドするだけで保存しておくことが出来て、また上にスライドすれば途中から入力出来ます。

iCloudって何?

簡単に言うとインターネットを経由してデータを保存できます。以前流出騒ぎがありましたが、現在では2段階認証になっていて誰かがデータを見ようとすると自分のところに確認のメールが来るので、流出を防ぐことが出来ます。

ブルーライトカット機能

『設定』→『画面表示と明るさ』→『Night Shift』で時間指定をして色濃度を冷たいから暖かいにするだけで、ブルーライトがカットされます。

博多華丸さんはラーメンを待ち受けにしていましたが、ブルーライトカットをするとこってりラーメンになっちゃいました・・・。





撮った静止写真が動く!?

写真を撮る時に、画面の上の方に丸い◎こんなマークがあるんですが、ここを押して『Live』の状態で写真を撮ると、撮った前後1.5秒ずつを自動で保存してくれます。

子供の写真なんかでベストショットを逃したときに使えますね。

連写したほかの写真は?

『連写』機能を使って写真を撮ると、勝手に1枚選んでくれます。下の『選択』ボタンを押せば、連写した写真全てを見ることが出来ます。

選ばれた写真に納得いかなければ、ここから自分で選びましょう。ちなみに写真の下に丸がついているものがiPhoneのおすすめになります。

機内モードの使い方

電源を切った『圏外』と同じ状態になるけれど、電波を出さない機能は使うことが出来ます。海外旅行に行った時は電話やインターネットはつながらないけれどWiFi機能は使えるので、WiFiが使えます。

パノラマ機能でダックスフント

パノラマ写真を撮っている間に上下にぶれると、顔が溶けたような写真になります。もっと動くと縦割りに・・・。蛍ちゃん、怖かった。

ゆっくりハイハイした状態でパノラマ写真を撮ると胴体だけが伸びて撮れます。





タイムラプス機能

ずーっと動画を撮り続けたものをぎゅっと縮めて観ることが出来ます。2時間半が30秒程度になります。

スロー機能

スーパースローカメラと同じような映像を撮ることが出来ます。

音声機能

メモのところで音声機能を使うと、そこそこ早くても文字入力することが出来ます。メールでも同様です。改行までしてくれます。

音声でiPhoneを操作するSiriの機能

通常はホームボタンを長押しすることでSiriが使えますが、『設定』→『Siri』→『”Hey Siri”を許可』をONにして、「ヘイシリ」と何回か持ち主の声を登録すれば、自分の声だけで反応するようになります。

割り勘の計算やドルを円に計算する、頭が痛いと言うと病院を検索、この曲何の曲?と質問してから曲を流すと歌手とタイトルが分かります。ただ、生歌は本人でも難しい様です。

その他には、俳句、早口言葉、ヒューマンビートボックス、モノマネまでしてくれます。





SNOWで顔交換

最近、SNSでよく見る『顔交換』。これは、『SNOW』というアプリの機能です。

蛍ちゃんと顔を交換すると、もれなく前髪がついてきて両さんのような繋がり眉毛になっちゃいます。

最後に

いかがでしたか?よく分からないiPhoneの機能。少しでも使えるものが増えれば、毎日がもっと楽しくなりますね。