【ありえへん∞世界3月14日】激安ブリ大根を高級料亭の味に?

スポンサーリンク
728×90

2017年3月14日の『ありえへん∞世界』は2時間SPです。放送予定内容は、

  • 新着!世界から届いたありえへん映像
  • 大の大人が答えられないと恥ずかしい新常識…500 円玉や10円玉などの小銭の衝撃的な作り方!
  • セレブの新常識…100g220円の養殖ブリで作る安いブリ大根でも○○するだけで、高級天然ブリで作ったブリ大根の味に?セレブは見極められるのか?
  • ぽっちゃり給食…ご当地給食を徹底調査

です。

出演者は関ジャニ∞の村上信五さん、丸山隆平さん、安田章大さん、美輪明宏さん、宮崎哲弥さん、ゲストは武井壮さん、土屋太鳳さん、久本雅美さんです。

放送内容は随時更新します。

大人が答えられないと恥ずかしい新常識

1.小銭の作り方

ほぼ毎日使う小銭。2016年だけで10億枚製造されています。その製造工程が衝撃的なんです!大阪の造幣局で見せてもらうと、バウムクーヘンのような金属板を1秒間に60枚くり抜きます。形を整えて洗浄したら、圧印機で全ての模様と周りのギザギザを一気につけるんです。

2.ミラーボールの作り方

ミラーボールを作る会社は国内シェア95%を占めています。何とおじいさんとおばあさんが手作業で作っているんです。夫婦2人で95%のシェア!残りの5%も世田谷区のアパートでおじいさんが1人で作っているんです。

機械は使わずにすべて手作業なので、一日5個が限界だそうです。直径25㎝52000円だそうで、売上はバブル期の10分の1だそうです。





3.学ランのカラーは何のため?

これはそもそもシャツを着ていなくても着ているように見せるため。昭和20年ごろに終戦で一般家庭で収入が少なくなり、シャツを買えたのは裕福な家庭だけ。カラーをつけることで貧富の差が一目でわからないようにしたんです。

4.ウニの衝撃的なエサの食べ方とは?

ウニは主に昆布をムシャムシャかじっているんです。稚ウニを1年かけて育てた後に海に戻して3年すれば収穫できるウニに成長するんです。岩をも砕く歯でどんどん良質の昆布を食べるので、食べた後の昆布はほぼ透明なほど薄くなっています。

5.秋田の謎のご当地CMとは?

別府の温泉CM、茨城の干しイモCMなどがありますが、秋田県では修学旅行の生徒が何をしているかを伝えています。どうにかして初めて修学旅行に行く子供の安否を伝えたいと、50年前からCMを夕方のニュースの間に流しているそうです。

6.ありえへん物を乗せたゴンドラとは?

北海道のゴンドラには大量のサケが吊るされているんです。それは鮭とばを作るため。通常は生のサケを屋外に吊るして寒風で干しますが、時速20kmのゴンドラに乗せればより風が当たるので乾燥が早くなります。鮭とば作りには最適なんですね。

こうして作られた鮭とばはスーパーやコンビニで並ぶのではなく、クマが食べているんです。このゴンドラがあるのは約100頭のクマを飼育している『のぼりべつクマ牧場』の中で、奈良の鹿せんべいと同じように観光客がクマに鮭とばを与えるんです。





7.フリクションボールペンは何でこすると消えるの?

パイロットのヒット商品として全世界で10億本以上売っているフリクションボール。最近では消せるハンコや蛍光ペンも出ていますが、こすると消えるのは熱で透明にしているだけなんです。

実際にフリクションボールで描いた文字にドライヤーを当てれば、文字は消えてしまいます。それは65℃になるとインクの色を透明にする成分が入っているから。ちなみに-20℃に冷やせば文字が浮き出てきます。

8.こっくり居眠りしても必ず最後は体が起き上がるのはなぜ?

それは耳の中に石があるから。耳には耳石器という器官があって、その表面には耳石と呼ばれる炭酸カルシウムの石が無数に乗っかっています。大きさはわずか0.3㎜ほど。

この石が体の姿勢を感じるセンサーの役割をしていて、体が大きむ傾くと耳石が脳に伝え、脳から神経を通じて筋肉に体の姿勢を直すように伝えるんです。

こっくりこっくり居眠りしている時は耳石の情報を元に脳が危険と判断するので、姿勢を直すように指示が出ます。

 安いブリで高級料亭のブリ大根を作る裏技は?

まず、みりんや醤油などで味付けをした昆布だしの中に皮を剥いた大根を入れて中火にかけ、そこにお湯にくぐらせて臭みを取っておいたブリを1切ずつ入れていきます。

ここで入れる裏技は『こんにゃく』。薄く切ったこんにゃくを隙間なく鍋に敷き詰めて、あとはフタをして20分煮込むだけ。こんにゃくに含まれるカルシウム成分が柔らかい養殖ブリの身に弾力を与え、天然ブリのような歯ごたえになるんです。

簡単なので、ぜひお試しください!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ