【あさイチ5月10日】ヘラ溶ける問題を解決!ヘラの使い方特集

スポンサーリンク
728×90

2017年5月10日の『あさイチ』は、『キッチングッズ向上委員会 ヘラの使い方』です。・・・我が家のヘラはもう溶けてしまっていますよ。

ヘラの疑問

木べらの穴は何のため?

スープをかき混ぜるためです。液体の抵抗が少ないので混ぜやすいんです。

ステンレス製のヘラの穴は何のため?

食材の油を落とすためです。この穴のおかげでお皿が油でギトギトにならないんです。

このヘラの正式名称は?

『バタービーター』というんです。へらとしか呼んだことないですね。もともとバターを混ぜるためのものなんです。





ヘラの悩みを解決!

ヘラと言えば、思ったようにひっくり返せずに目玉焼きがぐしゃっとなったりは日常茶飯事です。使い方を教えてくれるのはステーキ屋さんのプロの方。テレビで見るイメージしかありませんが、ヘラだけで全部の調理をしている気がします。

上手く使うポイントは角度。これを10度にするのがベストなんですが、家庭のフライパンはぎゅうぎゅうでそんな余裕はありませんよね。結局ヘラが立ってしまいます。

そんな時は食材を外側に寄せて、真ん中にスペースを作ります。こうするとヘラが奥まで差し込めるんです。

次の食材をひっくり返す時はヘラの場所を変えるんじゃなく、食材の方を一番返しやすい場所に時計回りに移動させていきます。確かに向こう側にひっくり返す時と手前側にひっくり返す時にやり易さが違いますよね。

さらにヘラにはしなり機能がありますが、これはひっくり返すためのもの。力を入れてフライパンに当てれば限りなく10度に近づくんです。シリコン製やナイロン製のものがよくしなりますよ。

また、ヘラを入れた後に同じ場所でひっくり返すと隣の食材の上に乗っかってしまうので、少し場所をずらしてから手首をひねるのがポイントです。こうすることで、同じ場所に食材を戻せます。

こんなちょっとしたことが大事なんですね。無意識にやっている人の方が多いですよね!

レジェンド松下のおすすめヘラ

鮭の切り身のように横に大きいものには?

横幅が通常のヘラの2倍ぐらいあるヘラを使います。これを使えば途中で折れちゃう心配ないですね。





グリルで焼いたさんまをひっくり返すには?

ヘラとトングが合さった商品で、下側のヘラは網の隙間に入れるようにくし状になっているんです。これならちゃんとさんまがきれいな状態にお皿に盛れるよ!わが家は一本で焼いても真っ二つ・・・。

しかもロック機能もついているからしまう時に開きっぱなしになりません。お値段は1200円ぐらいです。

フッ素コーティングじゃない?

全部がフッ素だけで作られているしゃもじ。プラスチックのしゃもじでチキンライスをそのまま混ぜちゃうと、色がついてしまってなかなか取れないんですが、フッ素で出来ているからケチャップの色なんて付かないんです!

これもしなるのでヘラ的な使い方も出来るんですが、12000円と高級品です!贈答品用ですね。こんなの貰ったら超テンション上がっちゃいますよ。

マグネット付きキッチンツール

セットになっているキッチンツールの柄のお尻部分にマグネットがついているので、レンジフードにつけたり付属の鉄板につけることも出来ます。

松下さんのおすすめは台所にそのまま鉄板を置いて、ツールを立てて収納する方法。立つしゃもじとかもあってあれって意外と不安定なんですが、マグネットのおかげでスッと立つんです。ちょうどいいくっつき感に井上和香さん興奮です!

5つの機能があるオーストラリアのヘラ

日本のものだとヘラ本体の根元近くが折れ曲がているのが一般的ですが、これは柄の部分が曲がっています。平たいほうのはものすごくしなるのに縦方向は硬いので、ここで目玉焼きも切れるし、しなるタイプの割に滑りにくいんです。

平たいほうも反対向きにはしならないので、これ一本で炒め物まで出来ちゃいます!日本でもおんなじ機能の商品売ってくれないかな。





左利き用ヘラ

フライパンの底のヘリ部分をすくおうと思っても、左利きの人が右利き用を使うのは難しいんです。普段は手首を返して使っているそうですが、ちゃんと左利き用もあるんですよ。

ヘラはいつ溶けているの?

知らない間に先の方や持ち手が溶けてしまっているヘラ。耐熱温度210度のナイロン製のヘラを使ってみたら、料理自体は問題なくてもフライパンの置きっぱなしにしている間に溶けているんです。

お皿に盛りつけた後にヘラってフライパンに戻しちゃいますよね。それでもフライパンは熱いままなので、見てない間に溶けているんです。ヘラに置き場所を作ってあげるのが一番です。

ちなみに鉄製のフライパンの場合はもっと溶けてしまうので、ステンレス製のヘラを使いましょう。

木べらのお手入れ方法は?

ちょっとハードルの高い木べら。お手入れ方法を守れば長持ちします。まず、使い直前に水で濡らします。乾いていると食材の臭いや色が浸み込みやすくなってしまいます。

使ったらすぐに洗いましょう。汚れや油は一度浸み込むと大変!洗い終わったらふきんで拭いて、風通しのいいところで乾かしましょう。分かっていてもこれが出来ない!出来ればもっとおしゃれなキッチングッズ使ってますよ・・・。

最後に、たまには油を塗り込みます。これは乾燥を防ぐため。アマニ油やエゴマ油がおすすめです。1か月に1回程度ですね。

木べらと言っても種類はいろいろあって、竹・ブナ・桜・栗・オリーブなどがあります。竹・ブナは500円前後とお手頃。桜や栗は2000~3000円程度。いいもの買って大事に使うのもいいですね。

桜は使っているとどんどん赤くなっていくので、愛着が湧いてくるそうです。栗は軽いので汁ものを混ぜるにに最適です。オリーブは海外製のものが多いのでやや大きめです。食洗器は禁止ですよ。





ヘラの寿命は?

割れてしまったら交換しましょう。木べらはかなり長く使えるそうですよ。

ヘラとホットプレートクッキング

いわゆるお好み焼き用のヘラを使って、「ひっくり返す・切る・炒める・伸ばす・押さえる」ことが出来ます。

10分で作る超簡単つくね

4人分の材料は、

  • 鶏ひき肉300g
  • えのき200g
  • 大葉5枚
  • 塩小さじ1/2
  • しょうゆ小さじ1
  • 酒大さじ2
  • 片栗粉大さじ1
  • おろししょうが小さじ1

全てをビニール袋に入れて袋の上からもみます。もんだタネは一塊のまま200℃のホットプレートに入れて、ヘラ2本を使って背で1.5㎝の厚さに整えます。

裏表あわせて5~6分焼いたらここで切り分けます。ヘラを使えば手は汚れない・包丁もいらない・ホットプレートも傷つかないといいこと尽くしです!最後にくしを刺せば四角いつくねの出来上がりです。

15分で作るあんかけかた焼きそば

材料は4人前で、

  • 蒸した麵4袋
  • 片栗粉大さじ2

ビニール袋に麺と片栗粉を入れて混ぜます。200℃のホットプレートに大さじ2の油をひいて、ここに麺を入れます。ヘラの角を使って麺をほぐし、背を押し付けて焼き目を付けます。5分焼いたら4つに分けてひっくり返し、さらに5分焼きます。これでカリカリ麺の完成です。






あんの材料は、

  • 鶏ひき肉200g
  • 豚挽き肉200g
  • ごま油大さじ1
  • 豆板醤適量
  • ラー油適量
  • オイスターソース大さじ3
  • 砂糖小さじ1
  • しょうゆ大さじ3
  • 酒大さじ2
  • 水400ml

麺をどかしたホットプレート全体であんを作ります。水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2・水60ml)をいれてとろみをつけたら、最後にもやし200gとニラ200gも入れて火を入れ、外側に麺を戻せばあんかけかた焼きそばの完成です!

どう見たってパーティー!!!特別な日の晩御飯でも家族の前で作ったら子供たちのテンション上がっちゃいますね。

5分で出来るチョコバナナクレープ

2本分のクレープ生地の材料は、

  • 卵1個
  • 砂糖10g
  • 薄力粉40g
  • 牛乳100ml
  • 無塩バター10g
  • 油適量

そのままホットプレートに流し込みます。生地に火が入ったら板チョコ50gを並べて1分待ちます。ヘラで生地を半分に切ったら、バナナを乗せてヘラで生地を巻いていきます。

箸だと生地を傷めてしまうので、これならひっくり返す必要がないので出来そうです。バナナ丸ごと1本のクレープ、絶対盛り上がりますね!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ