【あさイチ7月27日】こんなところにもお泊り出来る?おすすめスポット

スポンサーリンク
728×90

2017年7月27日の『あさイチ』は、夏休みにおすすめの意外なお泊りスポットです。子供が興奮すること間違いなしです!

越前松島水族館

「越前松島水族館」の画像検索結果

出典:https://matome.naver.jp/odai/2142285524065059301

福井県坂井市にある越前松島水族館。午後7時に大きな荷物を持った人たちが集まってきます。皆さんが持っているのは寝袋や布団。

この水族館は夏休みと5月の大型連休限定でお泊りが出来るんです。定員は35人ですぐに埋まってしまう人気ぶりです。

イベントの幕開けはジャンケン大会。これが大切で、勝った順番に好きな場所で寝ることが出来るんです。午後11時過ぎ、消灯すると館内は幻想的な空間になります。

我が家は旦那が水族館が嫌いなので難しいですが、子供も大人もこんな特別体験はずーっと思い出として残りますよね。

1泊大人が5500円、小中学生が4000円です。この夏休みはもういっぱいなのでキャンセル待ちの状態です。





奥出雲多根自然博物館

「奥出雲多根自然博物館」の画像検索結果

出典:http://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/4077

島根県奥出雲町にある奥出雲多根自然博物館。恐竜の骨格標本やアンモナイトなどが展示されていて、お泊りするのは上の階にあるビジネスホテルのような部屋なんですが、閉館した午後5時から宿泊者専用の時間になります。

受付で懐中電灯を受け取ったら、あえて暗くした展示室を懐中電灯だけで探検していくんです。まるで映画のような体験ですよね。恐竜の声が聞こえたりもします。子供がはしゃいでもOK、帰らなくてもいいというのが親御さんにはうれしいですよね。

こちらは日によってまだ空いているようです。

泊まれる本屋さん

出典:http://gigazine.net/news/20151030-book-and-bed-tokyo/

「BOOK AND BED TOKYO」という泊まれる本屋さん。本棚の奥にベッドがあって、数千種類の本が読み放題なんです。本好きの人は眠れませんね。

料金は3500円~。本は買えないようですよ。本を読みながら寝落ちって、ちょっと幸せですよね。





泊まれる学校

「泊まれる学校さる小」の画像検索結果

出典:http://www.sarusho.com/

おそらく紹介されたのは群馬県の「泊まれる学校さる小」。廃校になった小学校に泊まれて、お昼は懐かしい給食が食べられます。ここは1日1団体限定で、最大120人まで泊まれるそうですよ。

泊まれる猫カフェ

img_3343

出典:https://lee.hpplus.jp/kurashinohint/152458/

東京都板橋区にある「CAT’S INN TOKYO」。ここは保護猫カフェで誰でも泊まれるわけではなく、飼いたい人が猫との相性を見るために泊まることが出来るんです。





北斗星に泊まれるホテル

「北斗星に泊まれるホテル」の画像検索結果

出典:http://tetsudo-shimbun.com/article/topic/entry-917.html

東京都中央区にある「Train Hostel 北斗星」。寝台特急北斗星を再現したホテルで引退済みの北斗星の設備がそのまま使われています。料金は1泊2500円から。週末は78のベッドが満席になることもしばしば。

ラウンジも当時の食堂車を再現していて、照明もそのまま使われています。

今年の夏休みにはもう間に合わないかもしれませんが、こんな非日常的な所に行けるのは大人でもウキウキしちゃいますよね。

他にも以前「スマステーション」でホテルが紹介されていたので、こちらもあわせてどうぞ。→【スマステ5月27日】安いだけじゃない斬新なアイデアホテル!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ