【あさイチ10月11日】電気代が半分以下に?知って得する照明術

スポンサーリンク
728×90

2017年10月11日の『あさイチ』は、知って得する照明術特集です。放送予定内容は、

  • 日に日に夜が長くなり、照明を使う時間が長くなっていくこの時期、知って得する照明術を大特集。
  • できるだけ安く抑えたい電気代。ポイントはたったの2つ。これを実践した家庭では、なんと、リビング照明の電気代が半分以下に激減しました。
  • 早寝早起きができるようになる技。大切なのは寝室の照明だけでなく、寝る前に過ごしている部屋の照明。専門家のアドバイスどおりにしてみると、夜更かししていた子どもたちが、1週間で早く眠るようになりました。
  • 照明と目の関係にも注目。真っ暗な中でテレビを見たり本を読んだりすると、目は悪くなるのでしょうか。
  • 頭痛や肩こりの原因になる「疲れ目」を防ぐ照明術や、勉強中の集中力を高めて成績アップにつなげる照明術など知りたい情報満載!

です。

我が家は3年前に一戸建てに引っ越しましたが、この時倍以上にはなるだろうなと覚悟していた電気代がアパートの頃とほぼ変わりませんでした。LED照明が増えたり、冷蔵庫・エアコンを新しくしたからだったのかな?今日の放送内容でもっと節約出来たらうれしいな!

放送内容は随時更新します。

知って得する照明術【電気代節約】

家庭における電気消費量の上位は、

  1. 冷蔵庫  14.2%
  2. 照明器具 13.4%
  3. テレビ  8.9%
  4. エアコン 7.4%

夜にしか使っていないので特に気にせず使っている照明ですが、ここに電気代節約のヒミツが隠されているんです。ただただLED照明に替えるといういう訳ではないようですよ。






家族が一番長く居るリビングで検証します。蛍光灯の照明で、『消費電力(ワット数)』は38Wと30Wの2つで合計68Wになります。

次にチェックするのは『使用時間』。同じタイプの照明が2つあって、それぞれ6時間・8時間使用しています。

これらの数字を計算式に当てはめると、

消費電力68W÷kw換算1000×(使用時間6h+8h)×新電力料金目安単価27円×365日=年間9381円

となります。

ここから2つのワザで電気代が4分の1になるんです。照明プランナーの栗山幸子さんが教えてくれます。

1.LED照明を使うこと

LEDは蛍光灯よりも少しの電力で明るく光を出せます。これだけで電気代が4割下がります。

2.照明の数を増やすこと

『多灯分散』と言って照明の数を増やした方が電気代が安くなるんです。照明業界では常識らしいんですが・・・。例えば食事の時はテーブルの電気だけをつけて他は消します。

複数の明かりを配置して目的別に使い分けることで、その時々の電気使用量を減らせるんです!でも、正直2つで済む照明を10個以上に増やすのはちょっと、と思ってしまいますよね。

栗山さんのおすすめは工事不要のLED照明器具の『ダクトレール』というもの。これで食卓の上の照明を3つに増やしました。もう1つの照明はそのままの天井にくっつけるタイプのままでLEDに交換しました。






さらにテレビの裏にはバーライトという照明をつけて、全部で5つに増やしました。するとそれだけで年間の電気代が9381円から4360円になったんです!

さらにさらに、つける照明をテレビを見る時にはバーライトだけに、食事の時は食卓だけにすれば年間2000円弱にまで下げることが出来るんです!

ちなみに今回紹介された照明を買い替えようと思うと、安くて3万円程度。それなら4年ほどで元が取れますね。

ダクトレールの注意点

今ある照明器具を外すと、天井に配線器具が出てきます。この両サイドに金具がついていれば10㎏まで重さに耐えられるのでダクトレールをそのままつけることが出来ますが、この金具がない場合はネジなどで天井に補強する必要があります。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ