【ヒルナンデス3月14日】かっぱ橋で便利キッチングッズ

スポンサーリンク
728×90

2017年3月14日の『ヒルナンデス!』は、氷川きよしさんと行くかっぱ橋人気店巡りです。

飯田屋

創業105年、調理器具専門の老舗。店内にはプロも使う本格的な調理道具が約8000種類もあり、便利グッズまであるんです。

ミートボーラー(2138円)

ハサミのような形の先が球体部分になっていて、ここでひき肉を掴むだけで一瞬でミートボールが作れるんです。手で捏ねるとベタベタになるし結構時間がかかるんですよね。これならきれいに手早く作れます。

レンジでうすやきたまご(1134円)

まず一番下のトレーに薄く油をひいて、大さじ3杯の溶き卵を入れます。次に透明のトレーを溶き卵の上に乗せ、さらに黄色のトレーを乗せます。

これを500Wの電子レンジで1分30秒温めれば、簡単に薄焼きたまごが破れず均一な厚さで作ることが出来ます。オムライスが苦手な人も錦糸卵がなかなか作れない人もこれで悩み解決です!

このグッズを使えばクレープ生地まで作れちゃうんです。

包丁のいらない玉子焼き(2160円)

卵一個分の溶き卵を2つの溝に流し込んで専用のヘラで返せば、一口サイズの玉子焼きが2個作れます。包丁で切る必要ないですね。毎日のお弁当に重宝します。





ムダなくまぶせる粉ふるい(1080円)

ムニエルなどを作る時に茶こしで小麦粉を振ると、周りにこぼしたりダマになったりと意外と困ることが。

このグッズは先の部分がスライド出来るので、スプーンで粉をすくってからフタを閉じます。そのままひっくり返して穴が開いている方を下にして振れば、ダマになりにくくまんべんなく振ることが出来ます。

アスパラピーラー(1598円)

アスパラ専用のピーラー。トングのような形状でしっかり押さえられるので、切りすぎない程度に皮を剥くことが出来ます。

とうふ専用マナ板(648円)

溝がある面を下にして豆腐を置き、印に合わせて包丁を入れます。そのまま90度回転させてもう一度印に合わせて包丁を入れます。最後にガイドの溝に沿って包丁を入れれば、きれいなさいの目切りが出来て、直接お鍋に投入できます。





 納豆を10倍楽しむためのセット(907円)

まず容器に納豆を入れた後、茶色いねぎスライサーで直接ねぎを輪切りにします。それをひっくり返せば薬味おろしになるので、お好みで生姜やにんにくをすってそのまま入れられます。

オレンジのフタに替えれば大根おろしが作れて、これを裏返せば卵の白身と黄身を分けることが出来ます。小鉢の内側には小さな突起があるので、納豆をかき混ぜると適度に空気を入れてフワフワに仕上がります。

アボカドスライサー(1080円)

尖った部分でアボカドをカットして半分にします。種に真ん中のくぼんだ丸い部分を当ててひねれば簡単に種が取れて、スライサーの部分ですくう様にすれば無駄なくアボカドがカットできます。

おかしの森

製菓用器具の専門店。お菓子作りの道具が約2万点もあります。

キャンディモールド(7452円)

溶けたアメを葉っぱ型にするプロ用の道具。





もみの木ミルフィーユキット(972円)

市販のパイシートを型でくり抜いて180度のオーブンで20分焼けば、星形のパイが出来ます・ホイップやフルーツでデコレーションすればもみの木型のミルフィーユが完成します!クリスマスやお誕生日にいいですね。

クロワッサンカッター(10584円)

パイシートの上でクロワッサンカッターを転がせば簡単に三角形にカット出来て、あとは成形するだけ。黄身を塗って200℃のオーブンで15分焼き上げれば、簡単クロワッサンの完成です。

パイナップルスライサー(1155円)

実の上の部分をカットしたパイナップルにスライサーを当てて回すだけ。きれいに芯だけ残してくり抜けます。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ