【ヒルナンデス12月7日】この冬注目の最新家電ベスト10

スポンサーリンク
728×90

今回は12月7日放送の『ヒルナンデス!』で紹介されたこの冬に注目の最新家電ベスト10をまとめました。今日は10位から7位までです。価格は税込価格で、撮影日のものなので参考までに。

10位象印マホービン電気ケトル800ml(7660円)

特徴は①沸かしている時に蒸気が出ない、②レバーを押す強さでお湯の出る量が変わる・倒れても中身がこぼれにくい、③コーヒーのドリップの時にコーヒーポットがなくても少量で注げる、④1時間保温が出来ることです。

9位炊飯器

バーミキュラライスポット5合(86180円)

ライスポット商品画像

出典:https://shop.vermicular.jp/jp/item.php?id=I00000520

以前、【スタイルプラス】究極の炊飯器!バーミキュラライスポットで紹介ましたが、これを使えば土鍋で作ったお焦げを再現できます。釜がむき出しになっているので、むき出し部分とヒーターの部分との温度差で対流が生まれます。ローストビーフのような低温調理も可能です。





象印マホービン南部鉄器極め羽釜5.5合(124950円)

冷めても美味しいご飯が炊ける炊飯器。ゴムの溝で水滴のたれを防ぎます。お米の甘みが強くなるようです。釜の横に熱が対流する部分が出来てより高火力に、底の角度で斜めの対流が起きてたきムラが減りました。

冷めても美味しいのは、乾燥するのを見越してご飯の水分を多く残すためです。家庭によっての好みを『我が家炊き』というボタンで覚えて進化していきます。この機能はうれしいですね。

アイリスオーヤマ銘柄量り炊き3合(21700円)

ボタンを押すだけで31銘柄のお米をベストな火加減で炊いてくれたり、計量ボタンを押すとお米の重さを量った上で水の量を計算してくれて、水も目盛りがゼロになるまで注ぐだけです。本体下部はIH調理器としても単独で使える1台2役です。コスパも最高です。

8位小泉成器遠赤電気ストーブグラファイトヒーター(8900円)

立ち上がり0.2秒で温かくなる電気ヒーター。発熱部分にハイテク素材のポリイミドを使用することで、カーボンヒーターの10倍速く温まります。





7位掃除機

日立パワーブーストサイクロン(62300円)

3.5㎏のキャニスター掃除機で、2㎏のペットボトルを吸い上げられるほどの吸引力。ヘッドの部分にある穴からは空気が出ているので、カーペットなどの吸い込みを防いでいます。

シャープパワーサイクロン(56850円)

サイクロン方式の掃除機のごみを捨てると、ほこりが舞うのが弱点。この商品は猫の舌のように小さな突起があって、ごみを舞いにくい塊にしてくれます。サイクロン部分も丸洗いできます。

パナソニックプチサイクロン(48490円)

目に見えないハウスダストや敷物の下のハウスダストも発見してくれます。ハウスダスト発見ランプが消えるときれいになったのが分かるので、楽しく掃除が出来ますね。ごみがあるところだけパワーアップしてくれます。

続きは来週12月14日です。