【林修の今でしょ講座10月31日】健康長寿の秘訣!筋肉貯金の貯め方

スポンサーリンク
728×90

2017年10月31日の『林修の今でしょ!講座』は3時間SPです。放送予定内容は、

  • 「長生き」と「筋肉」の関係を学ぶ特別講座!健康長寿1000人に調査!
  • 長生きの秘訣は筋肉!健康長寿は、体中の「筋肉」をキープしていた!果たして一体どんな生活習慣が「筋肉貯金」に繋がっているのか?
  • 歩き方、運動、食べ物、体重…「筋肉貯金」の方法を大発表!すぐにマネできる!つまずかない!転ばない!足腰の筋肉を強くする方法が続々登場!
  • 更に健康長寿が普段よく食べている、筋肉貯金に繋がる意外な食べ物、第1位とは?
  • 林修が外国人に日本語の語源を教える観光ツアーを開催!人気スポットの浅草で目にする様々な建造物や食べ物など、意外と知らない語源を外国人に教えていきます!日本人でも知らない面白くてタメになる語源が続々登場!
  • 皆さんは観光地「浅草」の語源を知ってますか?その秘密は、この土地周辺の独特な特徴にあった!?あの有名な「雷門」の語源は、左右にある2体の仏像に隠されていた!?林修の語源ツアー!お楽しみに!

です。

出演者はMCに林修さん、進行に松尾由美子アナウンサー、学友に室井滋さん、伊集院光さん、玉森裕太さんです。

放送内容は随時更新します。

筋肉貯金って何?

筋肉は加齢とともに落ちていきますが、それを蓄えておくことを『筋肉貯金』と言います。高齢になってつまずいてこけたりすると骨折をして寝たきりになってしまいますが、これを防ぐのにも筋肉貯金が重要になってきます。

必ずしもゴリゴリ筋肉が必要ではなく、日常から気をつけることである程度変えていくことが出来ます。





筋肉貯金チェック

高さ40㎝位の椅子から片足で立てるかというテストです。まず椅子に座って前かがみになり、片足にしっかり体重を乗せます。両手を胸の前で組んで、反動をつけずに片足で立てますか?

太っている伊集院さんの場合は膝がムリムリ!ということで止めてしまいましたが、しっかり前傾姿勢がとれていればそこまで膝は痛くないそうで、単に筋肉が少ないということ。

太っている人はより筋肉が落ちやすいんです!血糖値が高い人は糖代謝が上手く出来ないので、筋肉の合成も抑えられてしまいます。

他にもちょっとの段差でつまづいたり、少しの階段でも疲れてしまう人は筋肉貯金が減っている可能性があります。

勝手に筋肉貯金がたまる方法

1.毎日たんぱく質をとっている

健康長寿がよく食べているのは、

  1. 大豆製品

共通するのは『たんぱく質』です。たんぱく質は筋肉の材料になるんですが、筋肉の合成も促してくれます

食事を抜いたり一気食いをすると糖質を多量に取るので、血糖がグンっと上がって血管に大きなダメージを与えます。

お腹が空いていなくても食事を食べましょう。食べると胃腸が動くので、お腹が空いてきます。まず一口、口に含むことが大切です。






身近な食材でたんぱく質が多いのは『肉・魚・大豆製品・卵・タコ・イカ・エビ』です。意識して食べるようにしましょう。

2.たんぱく質と糖質で筋肉を作る効率が2倍!

たんぱく質と一緒に食べることで筋肉を作る効果が2倍になるのは何と『ご飯』なんです!ご飯に含まれる糖質には筋たんぱく合成を高める作用があるので、実は焼肉にご飯は正解なんです。これ、おデブにはうれしい話ですよね。

これはマッチョの世界では常識で、プロテインを飲む時も糖質を含んだオレンジジュースを一緒に飲んだりしています。

1回の食事でのご飯の目安は、肉100g(たんぱく質20g)に対してご飯1杯160g(糖質60g)程度。デザートが食べたければ減らす必要があります。

また、糖質は吸収が速いほど太りやすいので、吸収を穏やかにする工夫はしましょう。食事の時にはベジファースト(野菜から食べること)にすることで、水溶性食物繊維が糖の吸収を穏やかにしてくれます。他にも牛乳が効果的です。

3.正しい姿勢の座り方で腹筋約15回分

腹筋と言われるとちょっと億劫ですが、正しい座り方をしているだけで腹筋15回分の効果があるんです。反対に正しくない座り方をしていると、腰痛や肩こりだけではなく圧迫骨折の原因にまでなるんです。

筋肉貯金が減っていく座り方ワースト3は、

  1. 骨盤が後ろに傾き、腰に負担がかかる
  2. 背もたれに寄りかかる
  3. 頭を肩より前に出して座る

です。






正しい座り方は、骨盤の中にある坐骨という骨の上に均等に体重を乗せて、真ん中に頭の中心が来るように座ります。(頭の中心は鼻の後ろあたりです)

こうすると、耳・肩・お腹・坐骨を一直線になります。自分ではよく分かりませんが、鼻から息を吸って一番肺に空気が入る姿勢が正しい姿勢なんです。

正しい姿勢を続けるのは苦しいですが、健康長寿は正しい姿勢じゃない方が疲れちゃうそうですよ。正しい姿勢が基本になれば筋肉も自然と貯金されますね。

座りながら下半身を鍛える体操

正しい姿勢で足は肩幅に広げます。上半身を動かさずに左右10回ずつ足を少し上げます。これ、地味に辛いんです。出来ない人はかかとを上げるだけでもOKですよ。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ