【この差1月10日】冬季限定のお菓子は何が違うの?

スポンサーリンク
728×90

2017年1月10日の『この差って何ですか?』は新年第1弾の2時間SPです。

出演者はMCに加藤浩次さん、赤江珠緒さん、レギュラーパネラーに土田晃之さん、上地雄輔さん、準レギュラーパネラーにますだおかだ岡田圭右さん。

パネラーゲストに阿部サダヲさん、キムラ緑子さん、ロッチ中岡創一さん・コカドケンタロウさん、松下奈緒さん、松本伊代さんです。

放送予定内容は、

  • 真冬に気になる差…冬限定菓子と通年販売されている菓子、ダウンジャケットの高い・安い、あたたかい家で食べる限定アイスクリームの秘密とは?
  • さかなクンがこれから美味しい魚を福岡の中央卸売り市場からリポート
  • 人気企画「家電の差」…「ゲットナビ」野村純也編集長と家電芸人の土田が解説する大手家電メーカー5社の最新オーブントースターの差
  • 足の冷え…素足と靴下を履いて寝るとでは、足の温度差にどれくらいの違いがあるのか
  • 「粉雪」と「牡丹雪」の差を気象予報士・森田正光が解説
  • 「しょうゆ専門店」「山芋料理専門店」から知って嬉しい差…ちょいタシしょう油でおいしくなるアイスクリームとは?

などです。

最新トースターの差

家電の差で今回紹介されるのは『オーブントースター』。これまでは高機能なオーブンレンジがいろいろと紹介されていたけれど、昨年からトースターが増えてきた気がします。

でも『トースター』と聞くと、パンやお餅を焼いたり揚げ物を温めるぐらいで何となく安いイメージですが、最新トースターはお高いけれど超高性能なんです。

シンプル電子レンジ+高機能トースターという組み合わせで買うのもありかも!?

紹介されそうな商品をまとめてみました。





バルミューダ

独自のスチームテクノロジーと完璧な温度制御によって、最高の香りと食感を実現するトースター。トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサン、クラシックの細かい設定を搭載。

プラス1分で、冷凍されたパンも簡単に、おいしく焼きあげます。

シャープ

過熱水蒸気で食材の中心まですばやく加熱しながら表面を焼き上げます。前日に買ったクロワッサンや天ぷらがサクサクになります。





象印

オーブン調理をもっと手軽に簡単に出来るマルチコンベクションオーブン。最大の特徴は余熱が要らないこと。これってうれしいですよね。

オーブン使うの分かっているのに予熱し忘れて待ちになったり、電子レンジ機能も使いたいのにオーブンレンジが使えなかったり。

シロカ

わずか0.2秒で立ち上がる速熱ヒーターと熱風循環(コンベクション)のハイブリッドオーブントースター。外はサクサクなのに中はもちもちのトーストが作れます。





コイズミ成器

なんと燻製までできるトースターなんです。最近はやりの燻製ですが、なかなか自宅で作るにはハードルが高いですよね。トースターで作れるなんて便利!

ロッチ中岡の髪の毛はゴールデンレトリーバーみたい?

ロッチ中岡さんといえばふわふわの髪の毛が印象的ですよね。パーマではなく天パだそうですが、シャンプーは4万円もするフランス製のものを使用しているそうです。

周りの出演者が信じなかったけれど、触ってみたらラブラドールレトリバーのような触り心地だとか…。予告動画ではこれが一番気になっちゃいました。

放送内容は随時更新していきます。お楽しみに!

甘いミカンと普通のみかんの差

軸が細い方が甘いんです。軸が太いと水分が多くなるので味が薄くなるんです。

貼るカイロと普通のカイロの差

温かさの持続時間が違います。貼るカイロは薄くしているので、かなり時間が短くなります。

冬季限定と通年のお菓子の差

コンビニなんかでよく冬季限定のチョコレートってありますよね。明治のメルティーキッスは20年前から冬季限定。その差は溶ける温度。通年のものは28度、冬季限定は23度以下で保存と書いてあります。

チョコレートは口どけがいいものの方が美味しく感じますが、夏は溶けてしまうので商品を置いておけないんです。

ハーゲンダッツのラムレーズン味も冬季限定。これも溶ける温度が違って、ラムレーズン味の方が早く溶けるんです。理由はチョコレートとは違って、アルコールが入っているから。アルコールが1.6%入っているので固まりにくく溶けやすいんです。

希少価値だけじゃなかったんですね。出し惜しみかと・・・。





硬くなる餅と大福の差

大福は薄いからではなく砂糖が入っているから柔らかいんです。蒸した餅に3割程度の砂糖を入れることによって、水分が蒸発しにくくなるんです。一晩経っても柔らかいままです。

粉雪とぼたん雪の差

サラサラの粉雪とべちゃっとしたぼたん雪の差は上空の気温差。粉雪の方が気温が低い時に作られます。

そもそも雪は地上数千mのところで空気中のちりやほこりに水蒸気が固まったもの。雪の結晶が重くなると地上に落ちてきます。

雪の結晶がほぼそのまま降りてくれば粉雪になります。一方で少し解けてしまうとどんどん周りの雪同士がくっついてべちゃっとしたぼたん雪になります。

粉雪ではサラサラすぎて雪だるまも作れません。まっさらのところに倒れたいですよね。

ダウンジャケットの値段の差

ダウンの割合が大きな原因。そもそもダウンとは何か知っていますか?私は雰囲気でした。

アヒルやガチョウなどの水鳥から取れる羽は3種類に分けられ、その1種類がダウンなんです。翼部分から取れる大きな羽がラージフェザー、お腹部分がスモールフェザー、胸部分がダウンになります。

ダウンは1羽から20~30gしか取れない保温性に優れた貴重なもの。だから割合が増えれば必然的に値段が上がるんですね。

ダウンの割合が同じでも、ダウン1つ1つのサイズが大きいほど高価になります。比べてみると、安いものは約1.8㎝なのに対して高いものは約4.2㎝。大きなダウンの方が体温の保温力が高いんです。

サーモグラフィで確認したら、値段の差が温かさの差だと分かりました。





こいくち醬油とうすくち醤油の差

元々こいくち醤油が使われていましたが、見た目の美しさを重視する京料理で料理に色をつけたくないという理由でうすくち醤油が生まれました。漢字では『淡口』と書きます。

実際にこいくち醤油とうすくち醤油で鯛めしを作ると、うすくち醬油の方がご飯が白いままで美味しく見えます。

また少量で味が付くように、塩分濃度はうすくち醬油の方が高くなっています。

作り方は製法・原料は同じで熟成期間の違いだけ。大豆・小麦・塩・麹菌を使って、こいくち醬油は1~2年、うすくち醬油は半年~1年熟成します。

専門店おすすめの醤油は『再仕込み醤油』。作る過程で塩水ではなくこいくち醬油を入れることで2倍の手間がかかったもの。旨味はぎゅっと濃縮しているのに塩分控えめなので、人気の高い商品です。

ソースの代わりに揚げ物にかけたりステーキなどの肉料理の味付けにおすすめ。さらに、バニラアイスにかけるとみたらしのような味になります。

大和芋と長芋の差

自然薯、大和芋、長芋などの総称を山芋といいます。その中でもスーパーでよく見るのは大和芋と長芋。大和芋は結構お高いので手が出ませんが…。

粘り気が全く違うので、美味しいとろろを作る方法が違います。

大和芋はまずおろし金で円を描くように擦ってから、もう一度すり鉢で擦ります。その後カツオや昆布の出汁ととろろを1対5の割合で混ぜれば美味しいとろろになります。

一方で長芋はシャビシャビになってしまうので、鬼おろしで粗く下ろすのがおすすめ。鬼おろしがなくても包丁で叩いて塊を残せば作れます。味がないので、麵つゆのような濃い目の味付けをしましょう。これ、我が家でもお蕎麦の時にやっています。

おすすめの山芋料理は、大和芋をすりおろして海苔に乗せて揚げた磯部揚げ、スライスして揚げたチップス。長芋は1時間蒸して味噌バターをかけて食べると美味しいそうです。じゃがバターのような感じになるそうですよ。





 さかなクンが教える魚にまつわる差

毒がある魚とない魚の差は?

それは食べ物の差。通常の魚は毒の無いプランクトンや小魚を食べます。フグも生まれた時には毒を持っていませんが、毒のあるヒトデや貝を食べて成長することで体内に毒が蓄積されていきます。

膨らむことの出来る魚と出来ない魚の差は?

肋骨があるかないかの差。鯛のような魚には露骨がありますが、フグには肋骨がないため膨張のうという胃袋の一部を膨らませることが出来ます。皮も伸縮自在です。また、肋骨がない代わりに身が固く、真ダイの9倍硬いそうです。

さかなクンの頭に乗っているハコフグは膨らまない代わりに、六角形の大きなうろこが鎧のように体を覆っています。

赤い卵と黄色い卵の差は?

食べている餌の差。鮭の仲間はエビの仲間や甲殻類の仲間を食べるので、生まれた時は白身魚なのにだんだんと身が赤くなっていきます。卵のイクラも同様に影響を受けます。

ニシンはルテインという黄色い色素を持つ植物性プランクトンを食べるので、黄色い色素が体内に蓄積されて数の子が黄色くなります。

数の子と子持ち昆布の差は?

子持ち昆布って昆布の卵だと思っていたけれど、数の子なんですね。知りませんでした…。正月に食べたのに。

数の子は人の手でニシンから取り出しもの。一方、子持ち昆布はニシンが昆布に自然で産みつけたもの。それを収穫すれば子持ち昆布になります。

出産する魚がいる?

魚な産卵のイメージですが、カサゴやメバル、エイの仲間、サメの仲間はお腹の中で孵化させてから出産します。

たまたまさかなクンが説明していたサメのお腹にも赤ちゃんが2匹いました。





生で食べられるサバとそうでないサバの差は?

福岡ではサバを生で食べるんですが、日本海で捕れたサバか太平洋で捕れたサバかの違い。

サバには中毒の原因となるアニサキスという寄生虫がいますが、太平洋側で捕れたサバは全身を寄生虫が自由に動けるので身を食べても中毒を起こすことがあります。

一方で、日本海で捕れるサバのアニサキスは内臓にとどまっていて身にはほとんどいないので、生でも食べられるんです。

関サバと一般的なサバの差は?

価格が2倍以上違う関サバ。同じ真サバでここまで値段が違うのは、一般的なサバは網で一気に水揚げするのに対して、関サバは漁師さんが一本釣りで水揚げしているから。

捕れる量が少なくて傷も付きにくいので高値が付くんですね。血抜きまでされているので、鮮度が保たれます。

クエのオスとメスの差は?

福岡では『アラ』と呼ばれる高級魚のクエ。オスは大きくて20万円もします。メスは約4分の1のサイズで、その差はまずメスで生まれて、大きく成長したものがオスに性転換するため。(雌性先熟といいます。)

大きく育ったクエはオスになって子孫を残すことが出来るんですね。

素足で寝た時と靴下で寝た時の差は?

靴下を履いて寝た方が温かい気がしますが、寝起きで足の温度を測ると素足の方が2度高くなりました。それは締め付けによる血流の悪さと蒸れによって体温が奪われるため。

どうしても履かないと寝れない人はモコモコの靴下。これなら締め付けが弱くて、通気性もいいのでおすすめです。

また、内くるぶしから指3本上ぐらいに三陰交というツボがあって、ここをドライヤーで熱いと感じるまで5回温めると、足先までポカポカです。





最新オーブントースターの差

バルミューダ

オーブントースター業界に革命を起こしたのはバルミューダの『ザ・トースター』。

パンを焼くときに水を注ぎ、その水をヒーターで温めてパンの表面につけることで、パンの中の水分の蒸発を防ぎます。そのため中はモチモチ、外はカリッと焼きあがります。

シャープ【水そのもので焼く】

バルミューダと同じように水を使いますが、水蒸気をさらに加熱した過熱水蒸気を使用します。過熱水蒸気は紙を近づければ燃える性質があって、その性質を生かして水そのもので焼くので、中まで水分が入ってふっくらと焼きあがります。

さらに買ってきたお惣菜も中まで温まって、余分な油も落としてくれます。





シロカ【瞬間発熱で水分が蒸発する前に焼き上げる】

0.2秒で立ち上がるので、庫内の温度が一気に上がります。そうすることでパンの中の水分が蒸発する前に焼きあがることが出来ます。通常3分かかるところ2分で焼けます。

ファンがあるので360度均等に焼け、奥行きがあるので4枚同時に入ります。忙しい朝にいいですね。

象印マホービン【焼き色選択で好みの焼き方が選べる】

焼き加減を3段階で選べるので、トースターに付きっきりでなくても程よい焼き加減で仕上がります。5本のヒーターがモード別に調整してくれるので、楽チンですね。





小泉成器【脱臭機能でニオイ移りが気にならない】

内臓ファンで脱臭してくれるので、魚を焼いた後のニオイ移りを気にせずに済みます。

小泉成器【目玉焼きも焼ける】

トースターの上で目玉焼きが作れます。1人暮らしにはもってこいですね。





 西武池袋と東武池袋のデパ地下お惣菜の差

西武一押し肉料理【濱吟焼豚200g1167円】

味の決め手は発売当初の70年前から変わらない秘伝のたれ。赤身と脂身のバランスが良く、ご飯に合うそうです。ギャル曽根さん、美味しそう!

東武一押し肉料理【ご馳走!ローストビーフ100g789円】

牛1頭から2~3㎏しか取れないとも三角という部位を使用。低温で焼かれているので焼きムラがなく、グレイビーソースと西洋わさびのソースです。

西武一押し海鮮料理【カキの舟焼き575円】

大ぶりな広島県産の牡蠣に特製チーズソースをかけて焼いたもの。牡蠣に合うソースが美味しそうです。

東武一押し海鮮料理【かれい煮付594円】

播州龍野という名産地の醤油を使用しているのが味の秘訣。

西武一押し揚げ物【ガーリックシュリンプ100g681円】

甘辛いたれが味の決め手で、頭からしっぽまで殻ごと食べれます。

東武一押し揚げ物【国産豚のレバーカツ144円】

国産レバーに甘めのたれを付けているので、苦手な人でも美味しく食べられそうです。

西武一押し和惣菜【おでん詰め合わせ1728円】

創業から100年以上続く老舗のおでん。1日100セット以上売れています。

東武一押し和惣菜【豚角煮100g519円】

1日15㎏も売れている、店内で6時間じっくり煮込まれた角煮。箸で簡単に切れる柔らかさです。

西武一押し洋惣菜【自慢のポテトサラダ100g238円】

オリジナルのマヨネーズをその日のジャガイモによって調整するこだわりのサラダ。

東武一押し洋惣菜【北海道帆立と海老のハーブグリル100g864円】

プリプリの新鮮な帆立と海老を使用した一品。





西武一押し中華惣菜【ポーク焼売87円】

中に春雨が入っているのが特徴。

東武一押し中華惣菜【四川麻婆豆腐100g389円】

自家製の豆板醤と四川産の山椒が味の決め手。

ギャル曽根さんのおすすめは西武の濱吟焼豚と東武のかれい煮付だそうです。どっちも食べたいですね。

ここで2時間SP終了です。・・・あれ!?ロッチ中岡さんの髪の毛のくだりが無い!!!予告だけだったのかな。残念です。