【家政夫のミタゾノ1~5話】家事テクニック~掃除・洗濯編

スポンサーリンク
728×90

皆さん、『家政夫のミタゾノ』というドラマ観ていますか?TOKIOの松岡昌弘さんが主演で、女装をした家政夫さんの役なんです。

「家政婦のミタゾノ」の画像検索結果

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/

『家政婦は見た』『家政婦のミタ』に続く家政婦モノで、派遣先の秘密を嗅ぎつけてその家庭を崩壊させ、再生させていくというお話です。

妙に女装姿が似合っていて、掃除や料理のシーンは『ザ!鉄腕!DASH!』で培った経験から本当に本人が普段からやっていそうな感じがします。

今回は、これまで放送された1話から5話までの家事テクニックのうち、掃除や洗濯に役立つものをまとめてみました。簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてください。





【第1話】

コーヒーのシミの応急処置方法

食器用洗剤とオキシドールを1対5で混ぜて『染み抜き剤』を作って、汚れた服の下のタオルを敷いてから歯ブラシで叩きながら『染み抜き剤』を当てます。

その後下のタオル側から掃除機で吸引すると、シミがタオルに移ってきれいになります。

簡単でいい!と思ったけど、我が家にオキシドールがない・・・。

洗濯物を早く乾かす方法

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/osarai/0001/

洗濯物を真ん中を短くアート状にすると、上昇気流が起こることで早く乾かすことが出来ます。

先日他のTV番組では、洗濯物の長いものと短いものを互い違いに干しても早く乾くと紹介していました。

お風呂のカビの繁殖を減らす方法

普通なら床を丁寧に掃除するんですが、そうではなくて天井を磨くのがポイント。実は、天井にあるカビが胞子をまき散らすことでお風呂全体にカビが生えるんです。

私は背が低いので、そういう場合はフローリング掃除用のフロアワイパーにエタノールをかけたキッチンペーパーをつけて天井を磨きましょう。





【第2話】

服についたガムを取る方法

ガムがくっついてから時間が経って、しかも繊維の奥までひり込んでしまったときは、まず初めにガムテープで剥がします。あらかた取れたら、サラダ油をかけてから歯ブラシで擦って溶かしていきます。

溶けたら油のシミに中性洗剤を染み込ませて水ですすげばきれいになります。

今はまだ子供が小さいからそんなにガムを食べませんが、そのうちこの技必要かも。

ジャージのポケットが雑巾になる!

ミタゾノさんは他の子供のジャージをその場でザクッと切っていましたが、要らなくなったジャージのズボンのポケットを切って裏返せば、これが万能雑巾になるんです。

マイクロファイバーの雑巾と同じように、ジャージ裏の化学繊維がブラシの届かないような汚れをかきだします。

カーペットに絡まったゴミはゴム手袋で掃除

カーペットのお掃除というと『コロコロ』を思い出しますが、意外に取れないですよね。すぐに粘着面がくっつかなくなっちゃうし。

そんな時はゴム手袋をした手で擦るだけ。摩擦で静電気が起きるので、髪の毛やペットの毛やほこりが簡単に取れます。これ、気持ちいいぐらい取れるので試してみてください。





【第3話】

家具にほこりを付きにくくする方法

柔軟剤を20倍に薄めた水で拭くと静電気が起きづらくなって、ほこりが付きにくくなります。私のように柔軟剤を普段から使っていない人は、お米のとぎ汁を使ってみましょう。米ぬかにもワックス効果があるんですよ。

グラスの水垢を落とすには歯磨き粉

四つ折りにしたラップを使って、歯磨き粉で磨くときれいに取れます。意外に身近な研磨剤の歯磨き粉。スポンジだと穴に研磨剤成分が入ってしまって効果が薄れるので、ラップでゴシゴシ。手も汚れづらいですね。

シールを簡単にはがす方法

ドライヤーの熱が一番です。接着剤が柔らかくなるので取れやすいです。

【第4話】

セスキ炭酸ソーダ水で手垢きれい

ここ最近当たり前になったセスキ水。たんぱく質や油に効果的なので、取っ手の手垢ややに汚れに最適です。眼鏡ふきを使えば傷つけずに掃除できます。





【第5話】

網戸掃除にはボディタオルと重曹

水100㏄に重曹を小さじ1を混ぜた『重曹水』をスプレーボトルに入れて、使わなくなったナイロンボディタオルに染み込ませてから網戸を拭くと、タオルの凸凹が網目の汚れをかきだしてくれます。

最後に

ミタゾノさんのキャラが濃すぎてかなりコメディ寄りのドラマですが、毎回家事テクニックがたくさん紹介されているので、ぜひ一度ご覧ください。

11月25日のミュージックステーションでTOKIOが出ていましたが、ミタゾノさん姿の方がしっくりきました。