【もしもツアーズ4月15日】京都・セブン・ニトリ攻略SP

スポンサーリンク
728×90

2017年4月15日の『もしもツアーズ』は、『もしもツアーズSP京都のお土産・セブンイレブン・ニトリ3大日本一スポット!今夜限定で攻略教えますSP』です。

放送予定内容は、

  • 1つ目は、この春、京都に行ったらぜひ買いたい京都の職人技が手軽に味わえるスペシャルなお買い物ツアーをご紹介!
  • 2つ目は、この春、新生活を始めた方、家の整理整頓でお困りのお父さん・お母さん必見の絶対に欲しくなる安くてオシャレな便利グッズを次々とご紹介!
  • 3つ目は、この春出る「セブン・イレブン」の新作メニューのおいしさのヒミツをテレビ初公開する、大人の工場見学ツアーをご紹介!

です。

出演者はキャイ~ンのウド鈴木さん、天野ひろゆきさん、三瓶さん、新ツアーガイドは福原遥さん、ナレーターは柳原可奈子さん、週替わりレギュラーはKis-My-Ft2の北山宏光さん、二階堂高嗣さん、宮田俊哉さん、新週替わりレギュラーは平祐奈さん、フェアリーズの伊藤萌々香さん。

ゲストは花田景子さん、滝藤賢一さん、IKKOさん、夏川加奈子さん、イワイガワの井川修司さん、ホンジャマカの石塚英彦さん、佐々木健介さん、北斗晶さん、サンシャイン池崎さんです。

放送内容は随時更新します。

絶対外さない究極の京都土産11品

山村紅葉さんが助っ人ガイドとして案内してくれます。紅葉さんの案内なら、結構な老舗や新商品が出てきそうですね。イワイガワの井川さん、ジョニ夫さんの横じゃないと誰だか分かりませんね・・・。





1.京だんご藤菜美「茶の露ほろり(350円)」

茶の露ほろり

出典:http://www.kyoto-fujinami.jp/

三年坂の中腹にあるお店で、週末限定60個の抹茶スイーツ。寒天を固まるか固まらないかギリギリの分量で入れたとろける食感なんです。お店は朝10時オープンですが、午前中に無くなってしまうのでお早めに。

店名:京だんご藤菜美 三年坂本店

住所:京都市東山区清水3-338-39

電話番号:0120-81-2473

営業時間:10:00〜18:00(清水寺の夜間拝観時などは延刻)

定休日:正月、お盆以外原則として無休

ホームページ:http://www.kyoto-fujinami.jp/

2.とようけ屋山本「つまみ湯葉(334円)」

「とようけ屋山本 つまみ湯葉」の画像検索結果

出典:http://blog.livedoor.jp/m-51_69001/archives/52643972.html

北野天満宮近くの京豆腐一筋120年の老舗が作る出来立てが美味しいとろとろの湯葉。冷蔵庫がない時代には生湯葉は流通していなかったので、料理屋さんが特別に注文してしたそうです。

湯葉は湯葉釜に豆乳を流し込んで70℃で30分湯煎して、最初に張った一番湯葉だけを引き上げます。豆腐のたれ(216円)をつけて食べればさらにおいしいです!

店名:とようけ屋山本 本店

住所:京都市上京区七本松通一条上ル滝ヶ鼻町429-5

電話番号:075‐462-1315

営業時間:4:00~18:30

定休日:年中無休(悪天候などによる臨時休業あり)

ホームページ:http://www.toyoukeya.co.jp/





3.京都しゃぼんや「豆乳石鹸(40g756円)」

三条大橋付近の手作り石鹸のお店。ザ・リッツカールトン京都のアメニティにも採用されています。

店内に入ってまず目に入るのが「京さんぽりっぷくりーむ(1620円)」。

素材そのもののやさしい香り

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000010684.html

祇園辻利・小川珈琲・京都へんこ山田製油・DARI-Kとコラボしたリップクリーム。まさかの抹茶・珈琲・胡麻ミント・チョコレートの香りがします。

02

出典:http://www.shabonya.com/item/kokoro/tonyu/index.html

おすすめのお土産の豆乳石鹸は美容効果のあるイソフラボンが豊富で、豆乳特有の臭みを消すのに半年もかかったそうです。

店名:京都しゃぼんや

住所: 京都府京都市中京区三条町高倉東入桝屋55

電話番号:075-257-7774

営業時間:午前10時〜19時※季節により変動あり

定休日:年中無休(臨時休業除く)

ホームページ:http://www.shabonya.com/





4.一乗寺中谷「絹ごし緑茶てぃらみす(1640円)」

出典:http://ichijouji-nakatani.com/?pid=14614036

創業70年の和菓子の老舗。完全に和のお店ですが、洋のスイーツもあるんです。旦那さんが和菓子職人・奥さんがパティシエなんですね。

ネットで2か月待ちのおすすめスイーツは和菓子職人のご主人が白あんとチーズを混ぜ合わせて、パティシエの奥様が豆乳ベースの抹茶クリームを作ります。

抹茶と煎茶の特製シロップを浸み込ませたスポンジに抹茶クリームを広げ、これが4層できたら生クリームを広げて京丹波黒豆をトッピングします。

・・・番組内では2か月待ちと言っていましたが、ホームページは5か月待ちとなっていましたよ。紹介されまくり注文殺到ですね。それでも食べたい!

店名:一乗寺中谷

住所:京都市左京区一乗寺花ノ木町5番地

電話番号:075-781-5504

営業時間:9:00~19:00

定休日:水曜日(11月は不定休)

ホームページ:http://ichijouji-nakatani.com/

5.京都ちどりや「ちどりやオリジナルフェイスパウダー(3402円)」

出典:http://www.kyotochidoriya.com/

舞妓さん御用達の本格オーガニックコスメのお店。森野吉野葛本舗の葛粉をベースにしているんです。他にもツバキ油・真珠の粉などが入っています。肌馴染みがよく、化粧崩れしにくいのが特徴です。

店名:京都ちどりや銀閣寺店

住所:京都市左京区浄土寺上南田町65-1

電話番号:075-751-6650

営業時間:9:00〜18:00

定休日:木曜日

ホームページ:http://www.kyotochidoriya.com/





6.京都かめよし「旬の京野菜シリーズ九条ねぎ(680円)」

「京都かめよし 旬の京野菜シリーズ九条ねぎ」の画像検索結果

出典:http://www.kyoto-yoshida.com/category/19

京都発のポップコーン専門店で九条ネギなどの京都ならではのフレーバーがあります。自身の畑で育てているポップコーン用の品種「爆裂種」というとうもろこしで作っています。

ポップコーンマシン、通称「爆左衛門」に乾燥させたとうもろこしを入れて、1分ほどでポップコーンにはじけます。ここに自家製九条ねぎ油と九条ねぎパウダー、京丹後産天然塩を加えて完成です。

店名:京都かめよし

住所:京都市北区小山西元町47

電話番号:075-202-8466

営業時間:11:00~17:00

定休日:木曜日

ホームページ:http://www.kameyoshi-kyoto.com/index.html

7.大極殿本舗 六角店「レース羹(1296円)」

栖園 レース羹

出典:http://www.jalan.net/news/article/24798/

明治18年から続く老舗和菓子店。二代目が長崎でカステラ作りを学んで京都の地で本格的なカステラ販売を始め、カステラの先駆けと言われています。

そんなカステラの名店の季節限定納涼スイーツは「レース羹」。くちなしの実で色を付けてあるので酸っぱいわけではないそうです。5月~9月までの限定です。もう少しお待ちください。

店名:大極殿本舗 六角店

住所:京都府京都市中京区六角通高倉東入ル南側堀之上町120

電話番号:075-221-3311

営業時間:和菓子販売9:00~19:00 甘味処10:00~17:00

定休日:水曜日





8.本田味噌本店「一わんみそ汁(1080円)」

紅葉さんも行きつけの創業187年の老舗味噌屋さん。何と西京味噌発祥のお店なんです。

一わんみそ汁

出典:http://www.honda-miso.co.jp/items/it_ichiwan.html

おすすめの「一わんみそ汁」は、フリーズドライの味噌と具を焼き麩で包んだ商品で、袋の中で焼き麩を崩したらお椀に入れてお湯を注ぐだけです。超本格お味噌汁が自宅で味わえます。

店名:本田味噌本店

住所:京都市上京区室町通一条558

電話番号:075-441-1131

営業時間:午前10時〜午後6時

定休日:日曜日

ホームページ:http://www.honda-miso.co.jp/index.html

9.上羽絵惣「胡粉ネイル(1300円~)」

N0097 N0096

出典:https://www.gofun-nail.com/japancolor

1751年創業の日本最古の絵具店。胡粉(ごふん)というホタテの貝殻から作った白色の塗料が日本人形の白粉・文化財の修復などに使われるんですが、この胡粉を使ったネイルがおすすめ商品。

胡粉を使うことでネイルのツヤや発色が良くなるんです。IKKOさん曰く、ピンクの色がなかなか出せないそうです。塗った感じはどの色もなんだか落ち着いていて、チャレンジした色もそんなに派手にならなそうです。

店名:上羽絵惣

住所:京都市下京区東洞院通高辻下ル燈籠町579

電話番号:075-351-0693

営業時間:9:00~17:00

定休日:土曜・日曜・祝日

ホームページ:https://www.ueba.co.jp/





10.竹笹堂「MOKUHAN iPhoneケース(3456円~)」

出典:http://takezasado.com/?pid=84363397

明治24年創業の木版印刷専門店。オリジナルの木版画がそのままスマホケースのなっているんです。オンラインショップを見ましたが、かわいい柄が揃っていますよ。・・・しまった、自分のiPhoneじゃない!

店名:竹笹堂

住所:京都市下京区綾小路通西洞院東入ル新釜座町737

電話番号:075-353-8585

営業時間:10:00~18:00

定休日:日曜・祝日

ホームページ:http://www.takezasa.co.jp/index.html

11.rita「デリボトル とりそぼろ(800円)」

「rita デリボトル とりそぼろ」の画像検索結果

出典:https://co-trip.jp/article/24764/

京都の仕出し屋さんが作る新感覚テイクアウト専門店。瓶の底にご飯が入っていて、その上にそぼろ・おかず・野菜の順に入っています。必然的に野菜から食べるしかないので、血糖値の急上昇を抑えられます。

店名:rita

住所:京都市中京区高倉通錦小路下る西魚屋町593

電話番号:070-5089-8432

営業時間:AM10時~PM6時

定休日:毎週日曜日、月曜日

ホームぺージ:https://ritakyoto.com/





おねだん以上のニトリ便利グッズ

家具小売業業界ダントツNo.1のニトリ。もちろん我が家もニトラーレベルです。最近では都心の主要な街に新店舗が続々とオープンしています。今回向かったのは2016年12月のオープンしたニトリ環八用賀店です。

2児のママでもある収納スタイリストの吉川永里子さんが厳選したニトリ商品を6つ紹介します。

1.簡単に設置できるシンク下伸縮ラック(1990円)

簡単に設置できるシンク下伸縮ラック(シグマ 5075)

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8987641?ptr=item

はんにゃ川島さんの自宅で実際に試してみます。棚板が自由の取り外せるので、それぞれの家のシンク下の形に合せて形を変えられます。伸縮してまだ余った部分にはA4ファイルケース(399円)を入れて洗剤や掃除用品のような細かいものを収納します。

組み立てにドライバー不要なので、女性でも簡単に出来ますよ。





2.整理トレー(799円)

整理トレー(ブラン シンシュクセイリトレ-)

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8920207?ptr=item

どうしてもごちゃごちゃになってしまうキッチンのカトラリー用引き出し。この商品はトレーの長さが変えられるので、どんな引き出しても合わせられます。

戸棚下キッチンツールフック(WH)

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8987664?ptr=item

戸棚下キッチンツールフック(1290円)も使えば吊り戸棚の下に引っ掛けてお玉やフライ返しをかけておけます。これで子供の手の届かないところに置けますね。





3.スキレット鍋15㎝(498円)

スキレット鍋 15cm(6インチ スキレットナベ)

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8965246?ptr=item

これを使うだけで料理がおしゃれになる鍋。コンロで料理も出来るので、そのまま食卓へ並べられます。しかも鋳鉄なので冷めにくくアツアツのままで食べられます。

木台 角型 S(ZP-Y008B NA) スキレット鍋用ハンドルカバー

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8965283?ptr=item https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8965284?ptr=item

他にも「木台角形S(399円)」「スキレット鍋用ハンドルカバー(149円)」を一緒に購入すると便利ですね。

4.吊り収納6段(1190円)

吊り収納6段(ピコット)

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8400206?ptr=item

クローゼットのパイプに吊るす収納グッズ。クローゼットのデッドスペースを活用できます。帽子やバッグもここに入れられればクローゼットの下の方がゴチャゴチャせずに済みますね。「収納ボックス横型ハーフ(699円)」を使えばさらに便利ですね。

〔幅26×奥行38×高さ12cm〕収納ボックス 横型ハーフ(ピコット)

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8400208?ptr=item

「すべりにくい省スペースハンガー5本組(299円)」も使えばクローゼットがもっとスッキリとします。





5.パッと開いてピタッと閉じる収納ボックス パピタ(1190円)

〔幅26×奥行38×高さ24cm〕パッと開いてピタッと閉じる収納ボックス パピタ ハーフ

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8430716?ptr=item

普通、こういう収納ボックスは上が開いて積み重ねると上をどかさないと取り出せませんが、これは前部分も開くんです。しかもマグネット式。これなら積み重ねても問題ないですよね。クローゼットでも取り出しやすくていいですね。

6.カラーボックスカラボ3段(1190円)

〔幅41.9×奥行29.8×高さ87.8cm〕カラーボックスカラボ 3段

出典:https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8841207?ptr=item

棚の位置を変えられるカラーボックスはサイズが20種類・色が3色とバリエーション豊富なんです。中のインボックスも399円からなので、ほこりを嫌うものや隠したいものはボックスに収納しましょう。





セブンイレブンの新作グルメのおいしさのヒミツ見学ツアー

1.ツルッともっちり冷やしぶっかけうどん(330円)

商品画像

出典:http://www.sej.co.jp/i/item/140200090968.html?category=346&page=1

コシと弾力がパワーアップ!食べ比べても全く違います。その秘密はこねる時間。1.5倍にしているんです。そのため機械を増やして稼働率をアップさせています。

3階で生地をこねたら2階に落として生地を伸ばします。急に圧力をかけると反発するので、徐々に薄く伸ばします。数センチあったものが1センチ未満にまで薄くなります。ここで1人前ずつにカットします。

カットされた生地は1階に落とされて、ゆで・冷却・水切りまでの工程が全自動の機械の投入されます。1人前ずつバケットの入ったら約10分ゆでられて、冷水でしめてシャワーで余分なぬめりを取ります。

その後、下からブラシをあてて余分な水分を切ったら、ゆでた麺を器に盛りつけて計量します。つゆ・大根おろし・青ネギ・しょうがを盛りつけたら、ラッピングして完成です。意外と最後の方は手作業なんですね。

2.ツルっとのど越し!冷やし中華(480円)

商品画像

出典:http://www.sej.co.jp/i/item/TV0000090354.html?category=1002&page=1






卵白が入ってツルツル食感がパワーアップ!麺は3層になっていて、やわらかくて粘りのある食感の麺をつるっと歯ごたえのある食感の麵で挟んでいます。でも、価格は据え置きです。

タイプの違う2つの生地を作ったら、外側の麺が2枚に分かれて出てきて上下に分かれます。外側生地の上に内側生地が重なったら、最後に外側の麺を重ねます。こうして3層麺が完成です。3層麺にした状態で徐々に薄くしてカットし、ゆで・冷却の工程を経たら器に盛りつけます。

スープもパワーアップしていて、酸味がまろやかになっています。その秘密は米酢。酸っぱいのが苦手な人も食べやすいですね。最後にわかめ・味付くらげ・錦糸玉子などを手で盛り付けて、ラッピングすれば完成です。

3.薫りとのど越し!ざる蕎麦(340円)

商品画像

出典:http://www.sej.co.jp/i/item/TV0000090615.html?category=1002&page=1

そばの保管方法を変えることで香りがパワーアップしました。1年中ほぼ一定の温度で保管することで温度変化に弱いそばの実の香りを守るんです。そばの実は石臼で挽きます。機械だと摩擦熱で香りと味が落ちてしまうので、時間をかけてゆっくり挽くんです。

こうして作ったそば粉に水などを加えて全自動で混ぜてこねていきます。後はカット・ゆでの工程です。

つゆもパワーアップしていて、これまではうまみの強い枯節のみを使用していましたが、今年からは香りとうまみの強い荒枯節も使用しています。

4.だし割りとろろの冷たいお蕎麦(430円)

商品画像

出典:http://www.sej.co.jp/i/item/TV0000091596.html?category=1002&page=1

なんととろろが袋に入っていないんです!長芋に混ぜてを擦ることで粘りが強くなるので、とろろを直盛りしてもこぼれません。さらに皮をつけて擦ることで風味や食感も良くなります。





5.THEセブンシュー(130円)

商品画像

出典:http://www.sej.co.jp/i/item/TV0000112753.html?category=1002&page=1

4月25日発売の商品。カスタードに極上卵エグロワイヤルという新しい卵を使用していて、さらに卵の比率を1.5倍にすることでこぼれないカスタードが実現しました。

またシューは長いオーブンで約30分かけてじっくり焼いていきます。焼けたら冷蔵の部屋を通って生地を冷やし、上からカスタードを注入。80gも入っています。

6.濃厚ティラミス(270円)

商品画像

出典:http://www.sej.co.jp/i/item/TV0000112020.html?category=1002&page=1

盛り付けは全部手作業なんです!

7.わらび餅 黒蜜入り(138円)

商品画像

出典:http://www.sej.co.jp/i/item/TV0000111141.html?category=1002&page=1

わらび餅の中に黒蜜が入っているので食べやすくなりました。確かに後掛けタイプの黒蜜ってどうしてもベタベタしちゃいますよね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ