新生児沐浴用ベビーバスのおすすめはビニール製

スポンサーリンク
728×90

今回は我が家の子供達が使ったベビーバスを紹介します。

意外にドキドキ!?赤ちゃんの沐浴方法

第一子の時は子育ては何もかもが初めてで、毎日がアタフタ。妊娠中にとりあえず育児本は読んでそれなりに心構えは出来ていたつもりだったけど、まぁパニックになりますよね。パパママ教室的なところには一切通わずに生んだので、そりゃあもう大変でした。

産後の入院中はおむつ替え、おっぱいやミルクなどたくさん指導されますが、一番ドキドキしたのは沐浴タイムでした。

そもそもおっかなびっくりで抱っこしているのに、あんな小っちゃくてやわらかい赤ちゃんを片手で支えてお風呂に入れて、頭、顔、お腹、ひっくり返して背中を洗うなんて、何てハイレベル!初日は見学だけでしたが、2日目からは我が子を沐浴させました。

私のいた病院の場合はナースステーションの一角にベビーバスがあって、立ったまま入れられる高さ、2段階の深さになっていてかけ湯も横に用意、すぐ奥に石鹸置き場などなど、とってもやり易い環境だったので、看護師さんに助けてもらいながら何とか出来ました。

でも、家に帰ると状況は一変。実家にも帰らず、姑さんも旦那も手伝ってくれなかったので一人で沐浴・・・。ビビりました。

我が家は妊娠中に赤ちゃんグッズを揃えていたときに、何となくでベビーバスを選びました。ホントに下調べせずに、店頭で「これでいいんじゃない?」ぐらいで。でも、それが抜群の使い勝手だったんです。それが『リッチェルのふかふかベビーバス』です。(私が購入した時から少しリニューアルしていました)





新生児用リッチェルふかふかベビーバスのおすすめポイント

使わなくなってから邪魔にならないようにとビニールタイプを選びましたが、なんと我が家のシンクにピッタリサイズだったんです。やわらかいので、押し込めてピッタリだったかもしれませんが。

まずは沐浴場所の高さが病院と同じように立って楽に出来るようになりました。お風呂の洗い場とかリビングだとずっと立膝か中腰状態なので、結構しんどいんです。おむつ替えでもそうですよね。

シンクで使っているからちょっと周りが濡れてしまっても気にならないし、横の天板に大きめの桶を置いておけば仕上げの掛湯も準備出来るし、なんといっても沐浴が終わった後に底の栓を抜いてしまえばお湯を捨てれるんです。これが楽チンなんです。

後でネットで調べたら、結構衣装ケースをベビーバスの代用品にしたりという方もいたんですが、リビングのど真ん中でやるにもちょっとやりにくいし、お湯を捨てるのが一苦労だなと。ズボラ主婦からすれば、楽チンが一番です。

しかもこのふかふかバス、ストッパーがついているから、仰向けにしている時にずるーっと滑ってしまうことが無いんです。まだバタバタ動かないような1か月未満でも不意に動かれるとドキドキしますからね。

背中の部分も緩やかなカーブになっているので、リクライニングしたまま気持ちよさそうに洗われてくれました。

対象年齢は3か月となっていますが、我が家では1か月を過ぎたら一緒にお風呂に入っていたので、使わなくなったら空気を抜いてぺったんこにして収納しておきました。3人分使いましたが、3人目は5年も経過していたのでちょっとずつ空気が抜けてしまいました。でも、毎日空気をパンパンにしておけば問題はありませんでしたよ。

使用後の処理も考えると、このふかふかベビーバスはおすすめです。お値段は定価で税抜き2500円。ネット販売では2000円前後が多いようです。